愛媛プレスウイン 社員日記

社員全員で日々更新中!

新聞紙の活用法①~湿気対策編~

こんにんちわ!まだ名前のない「ネコ」です!社員の人たちはちょっと今忙しいので、名前もまだ付けてくれないし、ここの日記もなかなか書けないみたいなので、ボクがちょっとしたお役立ち情報を皆さんに教えちゃいますね!

 

この間、お年寄りのご夫婦が「新聞は役に立つけれど、歳を取ると捨てるのが面倒で・・・」って話しているのを聞いちゃいました。確かに紙は結構重いし、まとめて捨てるの大変ですよね。そこで、古新聞のちょっとした活用法を紹介します!うまく使えばまとめて捨てる量も減りますよ!今日は秋雨の時期の対策として、新聞紙の特性の一つ「吸水性」を利用したものを紹介します!

 

 

①靴の乾燥

新聞紙は吸水性が抜群です。秋雨のこの時期、靴の中が濡れてしまったら新聞紙を丸めて入れておけば乾きが早くなりますよ。ブーツの場合だと奥まで入れると面倒・・・っていう場合は、新聞紙を丸めて棒状にして入れておけば後で取り出しやすいですよ!また、新聞のインクに関しては、今は技術向上のおかげで移りにくくなってます。

②部屋干し洗濯物対策

以前にテレビでも紹介されましたが、ハンガーで部屋干ししてある洗濯物の下に新聞紙を広げて敷いておくと、新聞が湿気を吸い取って乾きが早くなります。

③風呂場のカビ取り

お風呂場のカビもこの時期は結構頻繁に出てきます。そこで、カビ取り剤を直接壁や風呂にかけずに新聞紙を貼って、その新聞紙にカビ取り剤をかけることをお勧めします!キッチンペーパーでしていいのですが、せっかくある古新聞、薄さや吸湿性がピッタリ、新聞紙を通してカビ取り剤が長時間直接カビに取りつき、効果が上がります!

 

いかかですか?皆さんからもちょっとした新聞紙を使ったアイデア募集してますのでお気軽にメールしてくださいね!

f:id:ehimepresswin:20170817091535p:plain